姫路文学館

こんばんは。またしばらく空いてしまいました。

夏バテというか、感性が間延びしてきたので

少し遠出してみました。

 

姫路文学館でアンパンマンの展示があるというので

それを見に行くことにしたのです。

姫路に行ったことはなく今回初めてでした。

 

一応世界遺産を見物しようと思っていたのに

改装中で白い覆いには無機質なお城の絵だけが

描かれているだけでした。

残念。。。

 

 

姫路駅から少し離れた場所にありますが

さすが観光地。その少し歩いていても

小綺麗で旅行してるなあ感が味わえました。

 

文学館自体は小さめの建物でしたが

洗練されたおしゃれな建物でした。

写真を撮り忘れてしまいました。。。

 

 

敷地内には特設として

黒板がおいてありついこんな落書きを。。。

敬意を評さずにはいられなくて(笑)

 

 

 

やわらかい絵を自身の眼が欲していたので

水彩とかエンボス紙の風合いとか

日頃の疲れが取れた気がします。

 

最近歳のせいかポエムの類は

泣けてきますね(お恥ずかしいながら)

年取ると一つの言葉に

たくさんの表情が伺えてしまうからかも

しれないです。。。